A PHP Error was encountered

Severity: Notice

Message: Only variable references should be returned by reference

Filename: core/Common.php

Line Number: 257

岐阜県大会 | 第37回全日本少年サッカー大会 特設サイト

岐阜県大会

決勝大会一番乗りはFC城西!
強い結束力で2年ぶり5回目の優勝をつかむ

優勝 FC城西
敢闘賞(コカ・コーラ提供) 巣南サッカースポーツ少年団
努力賞(YKK提供) アウトラインFC A
グッドマナー賞(花王提供) 金竜サッカースポーツ少年団
 6月2日(日)、「第37回全日本少年サッカー大会 岐阜県大会」の最終日が岐阜県飛騨市にある古川ふれあい広場にて行われた。当日は準決勝まで曇りがかった天候だったが、決勝目前には選手たちの熱気に呼応するかのように、日差しが雲の隙間から入りはじめ、決勝直前のグラウンドは鮮やかな緑に照らされた。

 決勝の舞台に残ったのは、エース10番の石田選手をけがで欠いたFC城西と、ここまでの決勝トーナメント2試合をどちらも1点差で乗り切ってきた巣南サッカースポーツ少年団。

 これまでの準決勝よりグッと緊張感の増した雰囲気で始まった決勝戦。両チームともどことなく硬い動きが見られたが、最初のチャンスをつかんだのは巣南だった。コーナーからいったんはね返されたボールを、再度巣南が奪い返し、7番の馬渕選手がゴール前にいる10番の吉良選手に合わせるも惜しくもゴールには結びつかなかった。

 その後はボールの主導権がめまぐるしく入れ替わる状態が続くが、前半10分を過ぎ、城西にもチャンスが訪れる。センターバック4番の篠田選手が蹴った思い切りのいいゴールキックがするするっと巣南のゴール前まで抜けると、そこにうまく詰めたのは、9番の高木選手。足元にしっかり収めて冷静にシュート。城西が貴重な先制ゴールを決めた。

 それからどちらもチャンスは作るものの、決定的な場面はなく前半は終了。点数としては1点差だが、それ以上に城西が押し気味の印象を持たせた内容だった。

 しかし、後半がはじまってからは巣南が盛り返す。センターサークル付近からのフリーキックで、巣南のゴールキーパー平澤選手が直接ゴールを狙うも、ボールはゴールのわずか右にずれた。その後も今日のこれまでの運動量からすると考えられないほど、両チームの選手たちはグラウンドを所狭しと走りまわる。

 後半も中盤に差し掛かり、試合も硬直しはじめたかに見えたころ、城西の1番大中選手のスローインから11番の三木選手が粘りのドリブルを見せて巣南のディフェンダーを翻弄。そして、ゴール前で高木選手の足元に転がるバックパス。高木選手はそのパスをダイレクトで流し込み、この日2点目となるゴールをあげた。

 2点差をつけた城西は、後半終了3分前に、2得点の活躍をみせた高木選手と代えて、けがでスタメンを外れていた城西のエース石田選手が途中出場。聞けば、この大会の予選1試合目で負傷したひざは万全ではなく、とても試合に出られる状況ではなかったというが、本人のたっての希望で、監督が「じゃあラスト3分だけ」と出場を了承したという。

 両チームとも満身創痍の試合。後半終了直前には、巣南にもチャンスが訪れる。これまでずっとチームの中心で走り続けた巣南のセンターフォワード、9番市村選手が中央でパスを受け取ると、ゴールエリアの外から強烈なシュートをゴール左隅に決め、点差を1点に縮めた。

 だが巣南の反撃もここまで。試合終了をつげるホイッスルが響き渡ると、FC城西の選手たちはもちろん、監督やコーチから歓喜の声が上がった。

 優勝したFC城西の高木健一監督は、「エースがケガで苦しんでいるなか、他の選手が“僕らがなんとかしなきゃ”という思いでまとまり、本当によくがんばってくれました」と、強い結束力をもってチーム全員でつかんだ勝利を喜んだ。
 全国大会一番乗りとなったFC城西。2年前の大会では、1次ラウンド敗退と苦い思いをしたが、今年は全国べスト4を目標に掲げ、大舞台に挑む。

(下の写真、左から2位・巣南サッカースポーツ少年団、3位・アウトラインFC A、3位・金竜サッカースポーツ少年団)

6月2日 決勝、準決勝、準々決勝
場所 古川ふれあい広場(人工芝)

【決勝】
FC城西 2-1 巣南サッカー少年団

【準決勝】
巣南サッカー少年団 1-0 金竜サッカースポーツ少年団
FC城西 2-1 アウトラインFC

【準々決勝】
巣南サッカー少年団 2-1 池田フットボールクラブ
金竜サッカースポーツ少年団 1-0 FC.ヴィオーラ
アウトラインFC 2 (8 PK 7) 2 FCインテリオール
FC城西 4-0 白鳥ジュニアサッカークラブ

特別協賛

協賛

協賛